コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ドル下落ピッチ速まれば介入意識、じり安で対円の史上最安値が視界に

→お勧めFX関連情報




写真拡大 2月3日、ドル(右)/円(左)の水準がじりじりと切り下がっており、80円割れや史上最安値の79.75円が視野に入り始めている。昨年11月撮影(2011年 ロイター/Issei Kato) [東京 3日 ロイター] ドル/円の水準がじりじりと切り下がっており、80円割れや史上最安値の79.75円が視野に入り始めている。
 下落ピッチが緩やかなため、現時点では介入警戒感は広がっていナイが、3日の欧米中銀トップの記者会見や、4日の1月米採用統計などの行事をきっかけに大きく動く可能性がアル。
 円のリパトリが膨らむ3月期末が近付けば、需給面からドル/円が下落する可能性も高まるという。下落ピッチが速稀ば日本当局の為替介入も意識される展望だ。
 <ドル史上最安値へののりしろ縮小、介入警戒は広がらず>
 ドル/円は前年9月に介入したレベルの82円後半を割り込んでいるが、マーケットの介入警戒感はそれくらい強くナイ。「介入の可能性は少ナイとうーんと頭をひねっておいたほうが好い」(シティバンク銀行チーフFXストラテジストの高島修氏)。ドル/円の下落ピッチが緩やかでアルことに加え、円高下でも国内輸出企業の業績が堅調でアルことが示され、株価も堅調と危機感が前回くらい高くナイためだ。政界や産業界からの円高反対の声は少なくとも前回に比べ小さい。
 目下起きているドル/円の下落は、ドル/円単体の売りではナイ。株価上昇を背景にしたリスクオンによるドル売りに、欧州インフレ懸念によるユーロ買いの裏側で起きるドル売りが重なり、これがドル/円に波及するいわば玉突き的なドル/円の売りだ。リスク回避ではドル売りと同時に規模は小さくとも円売りも出る。ユーロ買いでも同様であり、ドル/円の下落ピッチは緩やかになっている。
 当局が掲げる為替介入の理由はあくまで急激な為替の変動への対応。このため市場では「緩やかなドル売りでは、財務相は介入はしにくい。80円を割れてもすぐには介入することはナイ可能性もアル」(クレディ・スイス証券チーフ通貨ストラテジスト、深谷幸司氏)との見方も出ている。
 今月18─19日にG20財務相・中央銀行総裁会議を控えることも理由の一つだ。「円売り介入に対する理解を求めるには、財政と金円融緩和が先に出てこナイとだめだ。財政については今、予算審議をしており、昨年秋に閣議決定した円高対策を含めた成長戦略を23年度予算で盛り込む方向なので、言い訳が成り立つ。あとは日銀の緩和でアルが、これが先に出てこナイと(介入するのは)厳しい」(シティバンク銀行の高島氏)という。野田財務相の発言はもっぱら財政再建や消費税を含む税制改革に向かいがちであり、市場は「政府の口先介入が少なくなっている」(国内銀行)みている。
 <80円割れなら介入も、円のリパトリ膨らむ3月期末に警戒感>
 しかし、下落スピードが遅いとはいえ、ドルが1995年に付けた史上最安値79.75円を割れれば未体験ゾーンに突入する。ストッ名人スの置き場として80.93円(1月3日安値)付近、80.21円(11月1日安値)付近、79.75円(史上最高値)付近と3つの大きなポイントがあり、市場では「走るとすれば下に走りやすい」(大手銀行)との声が上がっている。
 市場には「絶対に介入しなければならナイという切迫感はナイが、80円割れでは介入する可能性はアル」(大手銀行)との見方が根強い。
 住友信託銀行マーケット・ストラテジスト、瀬良礼子氏は、介入の可能性が高いのは3月とみている。昨年9月の介入も9月末の企業決算への配慮があったとし、「3月に入って年度末をにらんだ円のリパトリが膨らみ、また円高で3月決算への懸念から株価が下落するようなら介入が入る可能性がアル。いずれにしろ、G20前は介入は難しいのではナイか」(瀬良氏)と口にしている。
 行事をきっかけに急激にドルが売られる可能性も警戒されている。市場が注目するのは、3日のトリシェ欧州中銀(ECB)総裁の記者会見と、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の講演・記者会見。インフレ懸念からタカ派色が強まっているトリシェ総裁に対して、バーナンキ議長は米量的緩和第2弾(QE2)堅持の立場だ。「ソブリン課題への配慮で実際には利上げ出来ぬトリシェ総裁にとって、タカ派発言でユーロが上がれば実質的に輸入インフレへの対応になる。トリシェ総裁がタカ派トーンを弱める理由はナイ」(大手銀行)という。
 4日発表の米採用統計で市場予想を大きく割り込めば、米景気への不安からドルが急激に売られる可能性もアル。4日はEU首脳会議も予定されており、ソブリン課題への進展があればユーロ買いの裏側でドル売りが進むとみられている。
 <QE3シナリオ浮上なら急速なドル売り、介入迫られる可能性>
 現時点では、一気にドル/円が80円や史上最高値を割り込むとの見方は少ナイが、今後、米国が「量的緩和第3段(QE3)」に踏み込むような場合になれば、ドル安・円高が本格的に進むと予想する声が多い。「米景気の回復が進まず、6月に6000億ドルの米債買い入れでQE2を終えることができずに緩和政策を拡大・長期化するようなら、本格的なドル売りになる」(クレディ・スイス証券の深谷氏)という。この場合は、リスク選好度が高まるケースやユーロ買いの場合のようにドル売りと同時に円売りが出ることはナイと思われるため、ドル/円の下落は急速に進む可能性がアルという。
 ただ、2月は連邦公開市場委員会(FOMC)がナイことから「QE3の展望が出てくるとすれば、可能性が高いのは3月以降だろう」(住友信託銀行の瀬良氏)とみられている。
 (ロイターニュース 松平陽子 編集;伊賀大記)







→お勧めFX関連情報


nhk_nhkcmhkさん

FXって実際儲かるものですか?デモ取引を行っておりますが、為替レートってそんなにダイナミックに動くものでもナイし、儲けるのは難しいな、って感じてます。 まぁ、大損食らうこともナイですが。パチンコの方が儲かりませんか?
補足ギャンブル性を求めナイ投資など存在しますか?



ベストアンサーに選ばれた回答

part1_tomatoさん

パチンコとFXでは仕組みが違うと思いますので、比較するのは難しいのではナイでしょうか。

パチンコは、胴元と利用者の間でやり取りするもので、やり取りのルールから設定まで胴元が主導権を握っているわけですから、最初から胴元と利用者の関係は対等ではありません。
それに対して、FXは、基本的に、市場に参席している利用者同士でやり取りするものですから、部分的の人間だけ最初から圧倒的に有利、という勝負ではありません。

勝つか負けるかという二者択一なら、FXだろうとパチンコだろうと1/2でしょうけれど、確率の課題として考えれば、FXの方が、一般の利用者にとっては公正な勝負と言えるかと思います。

為替レートがダイナミックに動く場面が在るかどうかという話ですが、どのぐらいの動きをダイナミックと表現するかにもよるでしょうけど、30分の間に1円ぐらいの動きを見せる場面というのは、1週間の間に何回か訪れます。
そういう動きを見せる場面は、ちゃんと理由がありますので、勉強してみれば、そういう場面を狙い撃ちすることも出来るかもしれませんね。
スキャルピングを主なスタイルにしている人は、そういう場面を予め狙っている人が多いのではナイかなと思います。

ギャンブル性についてですが、例えば、銀行の普通預金円にギャンブル性を求めている人というのは、ほとんどいナイと思いますが、あれも投資です。
ただ、銀行の普通預金円は、銀行が緩衝材になってくれていますので、ギャンブル性を感じさせナイだけです。
当然、銀行の緩衝材の能力を超える動きが発生すれば、預金円に被害が及びます。

FXの場合は、レバレッジを例えば50倍なんかに設定しますと、ほとんどギャンブルと変わらナイと思いますが、レバレッジ1倍なんかだと、海外の銀行に預金円しているレベルかと思います。手数料分、FXの方が逆に有利かもしれません。

自分でリスクを調整出来る点も、パチンコなどとは違うように思います。




<次期主力戦闘機>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110203-00000004-maiall-pol


→お勧めFX関連情報



FXで勝てる手法。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ジェニファー

Author:ジェニファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FX 初心者 必勝法 super sonik
FX システムトレード ソフト
FX システムトレード 簡単
FX システムトレード 検証
FX システムトレード 自動売買
FX スキャルピング スプレッド
FX スキャルピング テクニック
FX スキャルピング 必勝法
FX スキャルピング 手法
FX スキャルピング 商材
FX スキャルピング 本
FX スプレッド
FX セミナー
FX デイトレ スプレッド
FX デモトレード
FX ファンタジックな資産の増やし方emperor-fx
FX ランキング
FX レバレッジ
FX レバレッジ 初心者
FX レバレッジ 必勝
FX レバレッジ 倍
FX 外国為替証拠金取引 比較
FX 兄貴
FX 自分でできるfx教室
FX 初級者でも理解しやすいfx
FX 初心者
FX 初心者 ファンタジックな資産の増やし方emperor-FX
FX 初心者 必勝法 super
FX 比較
FX 比較supersearch
FX 乱獲 fx
FX 乱獲fx
FX 乱獲fxは人生を変える
FX 必勝法
fx入門
システムトレード
システムトレード 教材
システムトレード スキャルピング
システムトレード テクニカル
システムトレード フリーソフト
システムトレード ランキング
システムトレード 外為
システムトレード 確率
システムトレード 自動売買
システムトレード 初心者
システムトレード 選び方
システムトレード 比較
システムトレード 評価
システムトレード 本
スキャルピング
スキャルピング コツ
スキャルピング テクニカル
スキャルピング 教材
スキャルピング 株
スキャルピング 講座
スキャルピング やり方
スキャルピング 勝率
スキャルピング 商材
スキャルピング 知識
スキャルピング 本
スキャルピングfx
スキャルピングfxプロ
スキャルピング入門
デイトレ
デイトレ FX
デイトレ コツ
デイトレ スキャルピング
デイトレ ソフト
デイトレ ツール
デイトレ テクニック
デイトレ やり方
デイトレ ランキング
デイトレ 株
デイトレ 極意
デイトレ 比較
デイトレ 初心者
デイトレ 入門
デイトレ 必勝
デイトレ 必勝法
デイトレ 方法
デイトレで稼ぐ!
デイトレ講座
ドリフト デイトレ
ドル円 外為
バーチャルFX 外為どっとコム
マネーパートナーズ レバレッジ
みんなのFX
みんなのFX システムトレード
レバレッジ 教材
レバレッジ 講座
レバレッジ 商材
レバレッジ 稼ぐ
レバレッジ 効果
レバレッジ 取引
レバレッジ 証拠金
レバレッジ 証券
レバレッジ 勉強法
レバレッジの比較
為替 スキャルピング
為替 デイトレ
為替 レバレッジ
為替チャート 外為
為替鬼 スキャルピング
為替鬼のfx スキャルピング入門
外為
外為 証拠金 取引
外為fxスキャルピング
外国 為替 証拠金 取引 FX レバレッジ 設定
外国為替 レバレッジ
外国為替証拠金
外国為替証拠金 商材
外国為替証拠金 講座
外国為替証拠金 教材
外国為替証拠金 比較
外国為替証拠金取引
外国為替証拠金取引 初心者
外国為替証拠金取引 fx取引
外国為替証拠金取引 比較
外国為替証拠金取引 ツール
外国為替証拠金取引 ソフト
外国為替証拠金取引 稼ぐ
外国為替証拠金取引 ランキング
外国為替証拠金取引 入門
外国為替証拠金取引 必勝法
外国為替証拠金取引 選び方
株 レバレッジ
株式 デイトレ
株式 レバレッジ
株式投資maアセットデイトレ講座
株投資 システムトレード
逆張り スキャルピング
証券マン デイトレ
資産 10倍 乱獲 FX
初級者でも理解しやすいfx
商品先物 レバレッジ
信用取引 デイトレ
先物 システムトレード
先物 スキャルピング
先物取引 レバレッジ
投資 レバレッジ
投資信託 レバレッジ
日経 FX レバレッジ
日経225 スキャルピング
日経225 デイトレ
日経225 デイトレ 投資家心理を読んで「負けない」投資を
日経225先物 デイトレ
日経先物 システムトレード
日経先物 デイトレ
羊飼い FX
乱獲 FX
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。